And Reframing Things

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

And Reframing Things

物事を自分の角度から見るブログ

Nexus 5Xの維持費比較(docomo/Y!mobileなど)【2016年1月版】

スマホ スマホ-料金比較・プラン解説
スポンサーリンク

Nexus 5Xの維持費比較2016年1月版です。Nexus 5Xを取り扱っているdocomo、Y!mobileと格安sim(IIJmio)運用した場合の2年間の総額をシミュレーションしてみました。

目次

1.Nexus 5Xの維持費比較表
2-1.docomoにMNPする場合
2-2.docomoで新規契約する場合
2-3.docomoで代表回線を機種変更する場合
2-4.docomoで子回線として新規契約/機種変更する場合
3.Y!mobileでNexus 5Xを契約!
3-1.Y!mobileにMNPする場合
3-2.Y!mobileで新規契約する場合
3-3.Y!mobileで機種変更をする場合
3-4.GoogleストアでNexus 5Xを購入し、Y!mobileで持込新規する場合
4.GoogleストアでNexus 5Xを購入し、格安SIMで契約する場合
5.Nexus 5Xを安く買うには?

 

1.Nexus 5Xの維持費比較表

ひとまず維持費・2年間総費用の比較表はこちら。

 キャリア契約区分ストレージ通話料データ維持費/月維持費/2年
1 docomo MNP 32GB 無料 2GB 7983円 191592円
2 docomo 新規 32GB 無料 2GB 8883円 213192円
3 docomo 機変 32GB 5分無料 15GB 16227円 389448円
4 docomo 新規 32GB 5分無料 15GB 3699円 88776円
5 Y!mobile MNP 16GB 10分無料 1GB 4190円 113,520円
6 Y!mobile 新規 16GB 10分無料 1GB 6350円 152400円
7 Y!mobile 機変 16GB 10分無料 1GB 5270円 126480円
8 Y!mobile 持込 16GB 10分無料 1GB 3218円 129532円
9 IIJmio 持込 16GB 10円/30秒 3GB 1728円 93772円

・docomoでMNP/新規/機種変(代表回線)/新規(子回線)した場合と
・Y!mobileでMNP/新規/機種変/持込した場合、
・Googleストアで購入し、IIJmioで運用した場合。

以上の9パターンでのシミュレーションです。93,772円~389,448円と大きく差が出ていますね。概ね、

・単独で契約するなら⇒Y!mobileか格安sim
・家族で契約するなら⇒docomoでシェアプランを組む

といった選択肢がコスパが高いと思われます。それでは次にそれぞれの維持費・総費用の内訳や想定した条件を記載していきます。

※上記表には契約事務手数料費用などは含まれておりません。また、正確な情報を記載するよう努めておりますが、契約に関して当ブログでは責任を負えませんので予めご了承ください。

2.docomoでNexus 5Xを契約!

docomoではNexus 5Xの32GBモデルのみを取り扱っています。色はクオーツ(白)とカーボン(黒)の2色です。

2-1.docomoにMNPする場合

プランは1人で契約するときの最低維持費(カケホーダイ+データSパック)で試算しました。

プラン料金
カケホーダイ 2916
データSパック 3780
spモード 324
機種代
(のりかえボーナス*適用時)
2988
月々サポート -2025
合計 7983
合計×24ヶ月 191592
備考 *購入時に機種代▲21600円割引
2年間合計:191,592円

MNPの場合は『のりかえボーナス』が適用となり維持費が安くなります。また、現在『のりかえボーナス』がキャンペーン中で21,600円割引となっています。通常は10,800円割引で2016年1月31日に終了予定。
詳細:キャンペーン・イベント情報 : のりかえボーナス | NTTドコモ

2-2.docomoで新規契約する場合

続けてdocomoで新規契約する場合。こちらも『カケホーダイ+データSパック』で契約した場合です。

プラン料金
カケホーダイ 2916
データSパック 3780
spモード 324
機種代 3888
月々サポート -2025
合計 8883
合計×24ヶ月 213192
2年間合計:213,192円

『のりかえボーナス』が効かない分MNPのときよりも維持費が上がります。

 

2-3.docomoで代表回線を機種変更する場合

代表回線をNexus 5Xに機種変更する場合のシミュレーションです。契約期間は11年。プランは『カケホーダイライト+シェアパック15』を契約した場合です。

プラン料金
カケホーダイライト 1836
シェアパック15 13500
spモード 324
機種代 3888
月々サポート -2025
ずっとドコモ割** -864
ありがとう10年スマホ割 -432
合計 16227
合計×24ヶ月 389448
備考 **シェアパック15の割引額
2年間合計:389,448円

長期利用者は『ずっとドコモ割』や『ありがとう10年スマホ割』などの割引措置により若干維持費が安くなります。Nexus 5Xは機種変更でも月々サポートの対象です。がしかし、シェアパック15の金額が高いのでどうしても維持費は最も高くなってしまいます。また、『ありがとう10年スマホ割』の受付期間も2016年1月31日までの予定です。

参考:キャンペーン・イベント情報 : ありがとう10年スマホ割 | NTTドコモ
参考:ずっとドコモ割

2-4.docomoで子回線として新規契約/機種変更する場合

さきほどの機種変更した代表回線の子回線として契約する場合のシミュレーションです。プランは『カケホーダイライト+シェアオプション』にして維持費を抑えます。

プラン料金
カケホーダイライト 1836
シェアオプション 540
spモード 324
機種代 3888
月々サポート -2025
ずっとドコモ割** -864
合計 3699
合計×24ヶ月 88776
備考 **シェアパック15の割引額
2年間合計:88,776円

9パターンの中で最も維持費が安くなりました。ただし、代表回線の維持費が高いため、家族全体で考えるとそこまで安いとは言えなくなります。

 

以上がdocomoでNexus 5X 32GBを契約する場合のシミュレーションでした。やはりシェアプランとシェアオプションが魅力ですね。家族複数人でdocomoに契約するなら安くすることができるかもしれません。

3.Y!mobileでNexus 5Xを契約!

Y!mobileではNexus 5Xの16GBと32GBを取り扱っています。色はアイス、クオーツ、カーボンの3色を選択できます。執筆時点でオンラインストアの32GBが在庫切れを起こしてるようなので16GBでの試算しました。

3-1.Y!mobileにMNPする場合

docomo/auからY!mobileにMNPし、スマホプランSを契約する場合です。

プラン金額
スマホプランS 3218
機種代 3132
月額割引*** -1080
MNP特別割引**** -1080
合計 4190
合計×24ヶ月 113520
備考 ***プランによって割引額変動
備考2 ****適用期間12ヶ月
2年間合計:113,520円

月額割引と『MNP特別割引』によって安くなりました。維持費は安く、スマホプランMで3GBにしたり、スーパーだれとでも定額で電話かけ放題にすることもできるので、個人でNexus 5Xを契約するならY!mobileにMNPが比較的コスパが高いといえそうです。ただし、Y!mobileはプランや店舗によって月額割引の割引額が異なるので注意。

参考:MNP特別割引

3-2.Y!mobileで新規契約する場合

Y!mobileでNexus 5Xを新規契約。同じくスマホプランSで契約する場合です。

プラン金額
スマホプランS 3218
機種代 3132
合計 6350
合計×24ヶ月 152400
備考 ***プランによって割引額変動
2年間合計:152,400円

Y!mobileでNexus 5Xを新規契約すると『月額割引』がなぜか対象外となるので、 維持費が上がってしまいます。後述(3-4)するとおり、Nexus 5Xを自分で購入して、Y!mobileに持ち込み新規契約をした方が維持費が安くなります。

 

3-3.Y!mobileで機種変更をする場合

Y!mobileで機種変更をして、同じくスマホプランSを契約する場合です。

プラン金額
スマホプランS 3218
機種代 3132
月額割引*** -1080
合計 5270
合計×24ヶ月 126480
備考 ***プランによって割引額変動
2年間合計:126,480円

機種変更では『月額割引』が適用になるので、新規契約よりも維持費を安くなりました。

 

3-4.GoogleストアでNexus 5Xを購入し、Y!mobileで持込新規する場合

Y!mobileでは新規契約で月額割引が適用外になるので、Googleストアで先に購入するパターンを試算してみました。プランは同様にスマホプランS。

プラン金額
スマホプランS 3218
機種代 52300
2年間合計 129532
2年間合計:129,532円

Y!mobileの新規契約でセット購入するよりも、2年間の維持費が2万円ほど安くなりました。さらにGoogleストアでNexus 5Xを購入しているのでSIMフリーです。

 

4.GoogleストアでNexus 5Xを購入し、格安SIMで契約する場合

最後に端末を自分で購入、格安SIM運用をするパターンです。契約するプランはIIJmioの音声通話付3GBプランで想定。

プラン金額
3GB音声通話付 1728
機種代 52300
2年間合計 93772
2年間合計:93,772円

上記パターンの中で(子回線運用を除いて)もっとも安い維持費となりました。やはり単純に安くするならSIMフリー端末と格安SIMの組み合わせですね。通話料はIIJmioのアプリを使えば半額の10円/30秒で使用可能です。電話かけ放題がいいならY!mobileやNifmoで契約するのがよいでしょう。

 

5.Nexus 5Xを安く買うには?

Nexus 5Xが売れていないのか、Googleストアでは7,000円割引で販売されています。(割引終了日不明)ETORENでは更に安く購入できます。

Nexus 5X16GB32GB
Googleストア 52,300円 56,400円
EXPANSYS 売り切れ中(5/1) 売り切れ中(5/1)
ETOREN 30,631円(5/1) 39,353円(5/1)

比較的早めに安くなりそうですが、相場は常に変動するので、その他ECサイトなどをチェックしていきましょう。

2016年5月1日追記:EXPANSYSは4月初旬に欠品。代わりにETOREN(イートレン)という同じく日本語対応の個人輸入できるサイトで販売中です。Nexus 5Xの16GBは30,631円と格安。

20165月12日追記:AmazonでもNexus 5Xの価格下落。16GBが36,290円で購入可能です。

Amazon - Nexus 5X 16GB / 32GB
Nexus 5X - Google ストア
ETOREN(イートレン)

個人輸入サイトで購入するときは型番に注意

Nexus 5Xには4種類の型番があります。

・H790(北米版)
・H791(グローバル版)
・H791F(グローバル版②)
・H798(香港版)

このうち日本で販売されているのはグローバル版の『H791』です。EXPANSYSやETORENではグローバル版の他に香港版なども購入できますが、対応周波数が若干異なるため、電波の拾い方が悪いです。また、香港版や北米版を国内使用すると技適(法律)にひっかかるので、購入するならグローバル版『H791』にしましょう。

まとめ

以上より、

家族で契約⇒docomoのシェアパックを利用
単独で契約⇒Y!mobileや格安simを利用

でNexus 5Xをコスパ高く運用できると思います。ご参考までに。

Nexus 5X維持費比較表に戻る

ETOREN(イートレン)

© 2014 And Reframing Things