And Reframing Things

物事を自分の角度から見るブログ

なんとLINEがmvno参入!?格安sim『LINE MOBILE』で使い放題になるLINE、FB、Twitter!

スポンサーリンク

3月24日、LINEがMVNOに参入するとの速報あり。docomo回線使用で月額500円~。LINEやFacebook、Twitterの使用は(一部)通信量にカウントせず使い放題とする予定とのこと。2016年夏リリース予定。

f:id:ahiru8usagi:20160324183443j:plain

『LINE MOBILE』の発表内容を簡単にまとめ

速報の内容(source1 / source2)を簡単にまとめるとこんな感じ。

・回線網はdocomoを使用
・2016年夏リリース
・月額使用料は500円~
・次のアプリの通信量カウントなし(使い放題)

⇒Facebookの閲覧・投稿
⇒Twitterの閲覧・投稿
⇒LINEのトーク
⇒LINEのタイムライン閲覧・投稿
⇒LINE無料通話
⇒LINE MUSIC
⇒その他の音楽配信サービス

※あくまで予定です。

LINEがmvnoに参入すれば格安simの知名度も一気に上がりそうですね。以下、筆者の独断と偏見による雑感や憶測など。

LINEの年齢認証が不要になる?

格安simの弱点といえばLINEの年齢認証ができないこと。LINE自体がmvnoであるならば契約段階で年齢はチェックされているでしょうから、『LINE MOBILE』なら年齢認証不要となりそうです。こうなれば『LINE MOBILE』を使うメリットは大きいですね。

 

iPhone SEの客を取り込める?

本日3月24日はiPhoneの新作『iPhone SE』の予約開始日でもあります。発表のタイミングもばっちりだったので新しいもの好きのユーザーを『LINE MOBILE』にいざなう狙いかもしれません。

 

乗っ取りが怖い?

海外からのアカウント乗っ取りや某有名タレントのLINEの内容流出などセキュリティが気になるLINEアプリ。『LINE MOBILE』も標的になったりしないかどうか、心配な点であります。

 

FREETELがキツイ?

つい先日の3月9日にmvno『FREETEL』もメッセンジャーアプリデータ通信料0円サービスを開始したばかり。サービス内容がLINE MOBILEと若干被っていますが、FREETELの場合LINEはテキストメッセージ、画像、スタンプのみが使い放題の対象となっており(source)、無料通話などは対象外と若干不利。

ただし、中国で流行りの『WeChat』や世界的に使われてる『WhatsApp』といったメッセンジャーアプリも対象としているので住み分けはできているかも。

 

おわりに

今後の発表が気になる『LINE MOBILE』についてでした。これを機に格安simが爆発的に普及するといいなぁ。mvnoも乱立しているのでそのうち0円使用が当たり前でプレミアムアカウントにすると通信速度があがるみたいなサービスが主流になるかもしれませんね。

© 2014 And Reframing Things