And Reframing Things

物事を自分の角度から見るブログ

HUAWEI P10 liteを8,000円引きもしくは最大20,100円キャッシュバックで買う方法!

スポンサーリンク

2017年第1四半期、世界スマホ出荷台数No.3、中国市場スマホシェアNo.1を誇ったメーカー『HUAWEI』。HUAEWIの新機種『P10』『P10 Plus』『P10 lite』の日本での発売日は2017年6月9日となりました。

今回は、3機種の中で最もリーズナブルな『HUAWEI P10 lite』のキャンペーンを調査。本体のみ購入の場合NTTコムストア運営の『gooSimseller』、simカードを同時契約するなら@nifty運営の『Nifmo』がお買い得の模様です。実質料金とキャンペーン適用方法をシェアします。(初回投稿日:2017年6月6日 / 最終更新日:2017年6月10日)

目次

1.HUAWEI P10 liteの割引キャンペーン
1-1.【終了】gooSimsellerで2,000円引きキャンペーン
1-2.Nifmoで最大20,100円キャッシュバック!キャンペーン
1-3.楽天モバイルでHUAWEI P10シリーズ発売記念キャンペーン!
1-4.ひかりTVショッピングで2000ポイントクーポンとポイント5倍+5倍【6/11迄】
2.HUAWEI P10 liteの特徴
2-1.HUAWEI P10 liteのメリット
2-2.HUAWEI P10 liteのデメリット

1.HUAWEI P10 liteの割引キャンペーン

1-1.【終了】gooSimsellerで2,000円引きキャンペーン

gooSimsellerではHUAWEI P10 liteの発売を記念して、2,000円offキャンペーンを実施中です。台数限定かつ期間は2017年7月5日9:59まで※2017年6月9日時点でクーポンが上限に達しております。

simカードの同時契約は不要であるため、HUAWEI P10 lite本体のみを購入したい場合に安く購入できます。

【gooSimseller2000円引きクーポンを使った場合の実質価格】

・(23,800円 - 2,000円)× 1.08 = 23,544円

 

キャンペーンページの『割引クーポンを発行する』→『交換する』ボタンから2000円引きクーポンを入手することができます。

Huawei P10 lite申し込みページ の『備考』欄に『クーポンコードを入力』することで、2,000円引き適用となります。

f:id:ahiru8usagi:20170606221754p:plain

 

決済時点では23,800円と表示されていますが、後日登録メールアドレスにキャンペーン適用価格21,800円に訂正されたメールが届くので、それにて購入完了という流れとなります。

gooSimsellerには楽天市場店Yahoo!ショッピング店もありますが、こちらでは残念ながら2,000円引きクーポンは配られていませんでした。

 

1-2.Nifmoで最大20,100円キャッシュバック!キャンペーン

NifmoではHUAWEI P10 liteの発売の記念して『最大20,100円キャッシュバック!』キャンペーンを実施中です。期間は2017年6月30日まで。こちらはP10 liteと同時にNifmoのsimカードを契約する必要があります。

f:id:ahiru8usagi:20170606221811p:plain

 

キャッシュバック額は契約するプランによって異なります。

f:id:ahiru8usagi:20170606221823p:plain

 

Nifmoの各プランの維持費は以下のとおり。

f:id:ahiru8usagi:20170606221836p:plain

 

キャッシュバック適用条件はキャンペーンページから申し込むのみです。

キャッシュバックの受け取り方は次のとおり。Nifmo契約後、4か月目にキャッシュバックに関するメールが届きます。そのメール記載のURLから『受取口座を登録』→契約後9か月目に『キャッシュバック振込』という流れになります。

f:id:ahiru8usagi:20170606223835p:plain

また、受け取りの条件として、

機器到着月を含む6カ月目までに解除またはデータ通信プランをご契約時より容量の少ないプランに変更申請された場合、キャッシュバック特典の対象外となります。

6ヶ月目以内にNifmoの解約または低容量プランに変更をするとキャッシュバック対象外となるのでご注意。

 

【Nifmo契約後7か月目に解約した場合の実質価格】

f:id:ahiru8usagi:20170606225436p:plain

3GBのデータプランを選択した場合が最も安く30,744円となります。NifmoはHUAWEI P10 lite本体代が税込28,800円。本体のみの購入ならgooSimsellerをおすすめします。Nifmoのデータsimや音声通話simを使いたいということならNifmoでの契約も検討してよいと思います。

 

1-3.楽天モバイルでHUAWEI P10シリーズ発売記念キャンペーン!

楽天モバイルにてHUAWEI P10シリーズ最大8,000円割引キャンペーン実施中です。

・HUAWEI P10 lite:29,980円→24,800円(5,000円OFF)
・HUAWEI P10:65,800円→58,800円(7,000円OFF)
・HUAWEI P10 Plus:72,800円→64,800円(8,000円OFF)

キャンペーン期間は2017年6月6日~7月13日9:59まで。HUAWEI P10シリーズを購入と同時に通話simを契約した場合に割引適用となります。12ヶ月以内の解約で9,800円の契約解除料金、契約事務手数料として3,394円かかります。

こちらの記事に方法は詳しく記載しましたが、①エントリーパッケージ利用で初期費用0円(パッケージは432円)、②楽天e-naviのキャンペーン2,800円分のポイント(楽天カード保有者のみ/6月30日迄)ポイントサイト経由4,000円分のポイント(初回契約者のみ/期間限定)をもらえるのでおトク。

全て適用して単純に端末代から差し引くと、

【初回契約者かつ楽天カード保有者】

(24,800円+432円-3,394円)×1.08-2,800P-4,000P≒16,785円

【初回契約者ではないが楽天カード保有者】

(24,800円+432円-3,394円)×1.08-2,800P≒20,785円

でHUAWEI P10 liteを購入できる試算となります。ポイントサイトのポイントや楽天ポイントでの還元でよければ楽天モバイルもおトク感があるでしょう。※なおポイントサイト経由の裏技は私はモッピーで試して適用となりました。他のポイントサイトでもキャンペーンを併用できるかどうかは未確認です(初回のみですからね)。条件は事前によくご確認のこと。

 

1-4.ひかりTVショッピングで2000ポイントクーポンとポイント5倍+5倍【6/11迄】

ひかりTVショッピングでHUAWEI P10シリーズのクーポン配布中です。

f:id:ahiru8usagi:20170610081701p:plain

クーポン確認ページ:http://shop.hikaritv.net/mailmagazine/20170609ginger/index.html?sid=aff

HUAWEI P10 liteは5%のぷららポイントが付きます。これにクーポンのポイントが上乗せされ、決済方法にdケータイ払い+を選択すれば金・土曜日はdポイントも5倍もらえます。dケータイ払い+はdocomoユーザーでなくとも利用できます。詳しくはこちらの記事をご参照のこと。さらに楽天運営のポイントサイトRebates(リーベイツ)を経由することで2%分の楽天ポイントをもらえます。

各端末の本体代から単純にポイントを差し引くと実質価格は以下のとおり。

f:id:ahiru8usagi:20170610084106p:plain

HUAWEI P10 liteはgooSimsellerほど安くはなりませんでしたが、スマホ単体で購入できるので少しお買い得です。P10が約5.4万円となるのでこちらがお買い得かもしれません。ぷららポイントや楽天ポイントを有効に使えるのであれば検討してもよいと思います。

ポイント全適用する流れとしては、

①HUAWEI P10シリーズのクーポンコードを確認
Rebates(リーベイツ)でひかりTVショッピングを検索&クリック
③ひかりTVショッピングでHUAWEI P10シリーズをカートに入れる
④dケータイ払い+を選択(金・土ならポイント5倍)
⑤クーポンコード入力

これで全てのポイントを入手できます。Rebatesは初回利用であれば1,000楽天ポイント上乗せされる(エントリー不要)のでさらにおトクですね。

2.HUAWEI P10 liteの特徴

f:id:ahiru8usagi:20170606231019p:plain

スペック詳細:HUAWEI P10 lite スマートフォン | 携帯電話 | ファーウェイ・グローバル

2-1.HUAWEI P10 liteのメリット

・docomoのFOMAプラスエリア・プラチナバンド対応
・auのVoTLE対応予定・プラチナバンド対応※3G(CDMA2000非対応)
・Softbankのプラチナバンド対応
・CPU『HUAWEI Kirin 658』/メモリ『3GB』RAM
・ジャイロセンサー搭載(ポケモンGO ARモード対応)

docomo・au・Softbankの3キャリアの周波数に広く対応しており、各種simカードを使用可能です。CPUの性能はHUAWEI nova liteにかなり近いです。Facebook、LINE、YouTube閲覧などは問題ない性能。ただし3Dゲームなどは若干重く感じられると思います。

2-2.HUAWEI P10 liteのデメリット

・DSDS非対応
・おサイフケータイ非対応
・防水防塵非対応
・ワンセグフルセグ非対応

日本国内スマホ特有の機能は有しておりません。DSDSにも非対応なので同時待ち受けをしたい場合はP10やP10 Plusを選択する必要があります。

おわりに

以上、HUAWEI P10 liteのキャンペーンについてでした。HUAWEI最新機種を入手したい場合はご参照あれ。

関連ページ:Nifmoキャッシュバックページ
関連ページ:Huawei P10 lite | gooSimseller

© 2014 And Reframing Things