And Reframing Things

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

And Reframing Things

物事を自分の角度から見るブログ

【新スマホ】『HUAWEI P8 Lite』のスペック比較!?

スポンサーリンク

HUAWEIより昨日(6/18)発売された『HUAWEI P8 Lite』。

現状、おったまげな『DMM』や『楽天モバイル』、『Nifmo』で購入できるようですが、スペック的にはどんなもんなんでしょうか。

話題のZenfone2やXperiaなどと比較してみましょう。

f:id:ahiru8usagi:20150620005514j:plain

1.HUAWEIって何!?

2.HUAWEI P8 LiteとZenfone2(下位版)とXperia A4 SO-04Gとの比較!?

3.HUAWEI P8 maxとZenfone2(上位版)とXperia Z4 SO-03Gの比較!?

4.『HUAWEI P8 lite』を買うならどのMVNOがいい!?

5.3社の中ではDMM mobileが一番やすい!?

6.3社の中では楽天モバイルが一番通信が安定して早い!?

 

1.HUAWEIって何!?

中国深セン市に本社を置くスマホのメーカーです。スマホの販売台数は世界第4位。2014年の統計は下記。

f:id:ahiru8usagi:20150620000717j:plain

引用元:2014年のスマホ販売総数は13億、Androidがシェア81%で初の10億の大台乗せ | TechCrunch Japan

中国勢強いですね。SONYよ・・・。

 

2.HUAWEI P8 LiteとZenfone2(下位版)とXperia A4 SO-04Gとの比較!?

まずは、上記3点のスペック比較表です。比較対象としての端末はなんとなく選びました。

  HUAWEI P8 lite Zenfone2 ZE551ML(下位モデル) Xperia A4 SO-04G
価格 3万0888円 3万8664円(32GB) 7万7760円
  3万3600円(Nifmo) 3万5424円(16GB)  
OS Ansroid5.0 Android5.0 Android5.0
CPU Hisilicon Kirin 620 Intel Atom Z3560 Qualcomm MSM8974AC
  オクタコア クアッドコア クアッドコア
  A53/1.2GHz 1.8GHz 2.5GHz
メモリ 2GB(RAM) 2GB(RAM) 2GB(RAM)
ストレージ 16GB(ROM) 32GB or 16GB(ROM) 16GB(ROM)
バッテリー 2,200mAh 3,000mAh 2,600mAh
連続待受時間 450時間(LTE) 267時間(LTE) 620時間(LTE)
連続通話時間 13時間(3G) 19時間(3G) 11時間(3G)
サイズ 143x71x7.7mm 152.5x77.2x10.9mm 128x66×9.1mm
重さ 約131g 約170g 約129g
ディスプレイ 約5.0インチ(720x1280) 約5.5インチ(1920×1080) 約4.6インチ(1280x720)
メインカメラ 1300万画素 1300万画素 2070万画素
サブカメラ 500万画素 500万画素 210万画素
【SIM1】 FDD-LTE(B1/B3/B5/B7/B8/B19/B28) FDD-LTE(B1/B2/B3/B4/  
  TDD-LTE(B40) B5/B6/B8/B9/B18/B19/B28)  
  UMTS(B1/B5/B6/B8/B19) W-CDMA(B1/B2/B5/B6/B8)  
  GSM(850/900/1800/1900)    
【SIM2】 GSM(850/900/1800/1900) GSM(850/900/1800/1900)  
Bluetooth V4.0 V4.0 V4.0
Wi-Fi 802.11b/g/n 802.11a/b/g/n/ac 802.11a/b/g/n/ac

f:id:ahiru8usagi:20150620010344j:plain

なんていうか、Xperia高いですね~。

今回の『HUAWEI P8 Lite』はオクタコア、メモリ2GB(RAM)で2万8600円(Nifmoだと3万1112円)。費用対効果は一番高いんじゃないかと思われます。

 

3.HUAWEI P8 maxとZenfone2(上位版)とXperia Z4 SO-03Gの比較!?

HUAWEI P8 maxとはP8の上位版です。発売日は8月予定。一足先にほかの端末とスペック比較をやってみましょう。

  HUAWEI P8 max Zenfone2 ZE551ML(上位モデル) Xperia Z4 SO-03G
価格 5万9980円 5万4864円(64GB) 9万3312円
    4万9464円(32GB)  
OS Android5.1 Android5.0 Android5.0
CPU Hisilicon Lirin 935 Intel Atom Z3580 Qualcomm MSM8994
  オクタコア クアッドコア オクタコア
  A53X 2.2GHz + A53 1.5GHz 2.3GHz 2GHz(Quad) + 1.5GHz(Quad)
メモリ 3GB(RAM) 4GB(RAM) 3GB(RAM)
ストレージ 32GB(ROM) 64GB or 32GB(ROM) 32GB
バッテリー 4,360mAh 3,000mAh 2,930mAh
連続待受時間 400時間(LTE) 267時間(LTE) 470時間(LTE)
連続通話時間 20時間(3G) 19時間(3G) 13時間(3G)
サイズ 182.7x93x6.8mm 152.5x77.2x10.9mm 146x72x6.9mm
重さ 約228g 約170g 約144g
ディスプレイ 約6.8インチ(1080x1920) 約5.5インチ(1080x1920) 約5.2インチ(1080x1920)
メインカメラ 1300万画素 1300万画素 2070万画素
サブカメラ 500万画素 500万画素 510万画素
【SIM1】 FDD-LTE(B1/B3/B7) FDD-LTE(B1/B2/B3/B4/  
  TDD-LTE(B38/B39/B40) B5/B6/B8/B9/B18/B19/B28)  
  UMTS(B1/B6/B8/B19) W-CDMA(B1/B2/B5/B6/B8)  
  TD-SCDMA(B34/B39)    
  GSM(900/1800/1900) GSM(850/900/1800/1900)  
【SIM2】 GSM(900/1800/1900) GSM(850/900/1800/1900)  
Bluetooth V4.0 V4.0 V4.0
Wi-Fi 802.11a/b/g/n/ac 802.11a/b/g/n/ac 802.11a/b/g/n/ac

 

上位版だと『HUAWEI P8 max』と『Zenfone2』の価格とスペックでほぼ均衡するくらいになっていますね。Xperia Z4のスペックとほぼ同等のような気も・・・。ちょっと値段は張りますが、発売日が楽しみです。

 

4.『HUAWEI P8 lite』を買うならどのMVNOがいい!?

現在、『DMM mobile』『楽天モバイル』『Nifmo』から発売されている『HUAWEI P8 Lite』。

結論から言えば、

①安さなら『DMM mobile』!

②通信品質なら『楽天mobile』!!

③データ通信量を抑えたブランなら『Nifmo』!!!

といったところです。

 

5.3社の中ではDMM mobileが一番やすい!?

音声通話付のプランで料金で比較すると下記のような月額料金になります。

  3GB 5GB 10GB
  DMM mobile Nifmo 楽天mobile DMM mobile Nifmo 楽天mobile DMM mobile Nifmo 楽天mobile
通話+データsim 1674 1728 1728 2127 2484 2322 3186 3780 3196
端末代 1287 1400 1287 1287 1400 1287 1287 1400 1287
割引   -216     -216     -216  
月額料金(税込) 2961 2912 3015 3414 3668 3609 4473 4964 4483

Nifmoには『スマホセット割』▲216円があるために、3GBプランでは一番安くなっています。

ほかはデータ通信量が多くなるにつれDMM mobileが割安に!

でも次の項の理由でDMMはあまりオススメしません。

 

6.3社の中では楽天モバイルが一番通信が安定して早い!?

前回の記事でも紹介したとおり、楽天モバイルが全時間帯で安定してスピードが出ています。

  DMM Nifmo 楽天
時間帯 DL DL DL
12時台 0.43 5.94 8.6
18時台 0.64 10.81 10.25
22時台 3.14 10.97 16.21

DMMの通信スピードだとちょっとWebを開くのにもツライ水準なので、『Nifmo』か『楽天』のほうが快適だと思われます。

詳しくは過去記事参照。

おわりに

HUAWEI P8 Liteは価格のわりにはかなりのハイスペックでしたね。いわゆるコスパの高い一品。MVNOは『Nifmo』か『楽天モバイル』がよいでしょう。通信品質を犠牲にしても価格が安い方がいいなら『DMM mobile』の選択肢も出てくるかもしれません。

さらには『Xperia』の端末代の高さもわかってしまったわけですが、ひとつ前の『Xperia Z3』とかは一括0円案件も出てきていますので、ほしい場合は都度ショップ情報をチェックしていきましょう。

関連記事:

© 2014 And Reframing Things