And Reframing Things

物事を自分の角度から見るブログ

【換装】HDDからSSDに交換する!?

スポンサーリンク

やっと少しまとまった時間が手に入ったので、HDDを念願のSSDに交換してみた。OSはそのまま『Windows7』。一通りOSやドライバのインストールとか終えて、必要なファイルの移転も完了。早速お馴染みの『CrystalDiskMark』で読み書き速度を計測してみた。

f:id:ahiru8usagi:20150616222425j:plain

●読み込み:278.6MB/s

●書き込み:250.1MB/s

 

おお~型落ちPCにしては十分すぎるほどのスピードが出ていますね。快適快適。元のHDDのときは100MB/sすら出ていなかったので圧倒的に快適になりました。

SATA2.0の理論速度が最大375MB/sだったと思うので、PCの能力を限界まで引き出してくれているようです。SATA3.0だったらもっとスピードが出る可能性あり。

 

1.起動はもちろんブラウザやソフトを立ち上げるスピードも上がる!?

いまさらな話題ですが、HDDからSSDに変えることで、Windowsの起動速度がかなり早くなりました。爆速です。ChromeOSの8秒起動とまではいきませんが、20秒程度で立ち上がります。HDDの頃は1分以上かかっていたので、もうHDDには戻れない。もっと早く交換しておけばよかったと思いました。あとChromeOSに対して薄れゆく興味。

 

2.SSDは寿命が短いって本当!?

2010年頃はHDDよりSSDの方が寿命が短いと言われていたようですが、最近ではHDDの寿命を上回っているとのこと。ひとまず、現在のSSDの寿命をフリーソフト『SSDLife Free』で調べてみます。

f:id:ahiru8usagi:20150616224506j:plain

私のSSDの寿命は、2024年6月5日。どうにかすると私本人より長生きしそうです

 

『SSDLife Free』のインストールは↓から

SSDLife Freeの詳細情報 : Vector ソフトを探す!

 

耐衝撃性にも優れているSSD。近頃安価にもなってきていますので、選択しない理由がなくなりつつあります。今回私が手に入れたものは、『ADATA SP900 256GB』ってやつ。

6/16現在、マウスコンピューターが楽天市場で、15,012円で販売中。私は中古で10,000円で買ったので、これ考えると結構安くしてくれてたんですね。ありがたや。

まぁ、好きなものを買うのが一番いいですね。

 

3.内蔵HDDはハードディスクケースで再利用!?

まだ手に入れていませんが、内臓HDDはハードディスクケースに入れて、外付けHDDとして使う予定です。

大体価格1,000円前後。こういう無駄のない再利用ってお得感ありますよね。USBポート1つではHDDが駆動するほど電力を供給できない場合があるそうなので、電源ケーブルつきか、USB補助電源ケーブルつきのものを買ったほうが無難。

恥ずかしながら、単にSATAとUSBをつなぐケーブルを買ってしまいましたが、電力不足であるためか、HDDは動作しませんでした。残念。

 

おわりに

PC動作の重さに嫌気がさしている人は、HDDからSSDに変えると快適になる可能性があります。とはいえ、私の場合はUSBブートしたらやたら処理速度が速かったので、原因はHDDだなと断定できていた事情もありますが。SSDの価格は1万円前後なので、新しいPCを買うよりもコスパは高いかも。しかし、HDDのクローンを作成したり、SSDでクリーンインストールした際、ドライバのインストールをしたり、なぜか動かなかったり、ある程度の知識とリスクを負うことが必要とされますので注意。

© 2014 And Reframing Things