And Reframing Things

物事を自分の角度から見るブログ

第5世代Kindle Fireの入力方法をフルキーボードからフリックにする方法

スポンサーリンク

AmazonのFireタブレットはデフォルトではフルキーボード入力になっているので、フリック入力に変更する方法を紹介します。(第5世代Kindle Fire(2015)の例です。)

フルキーボード→テンキーボードにする手順

まずはデフォルトのフルキーボードをテンキーボードに変更します。

①ホーム画面もしくはステータスバーの『設定』をタップ

f:id:ahiru8usagi:20160507193327p:plain

 

②個人メニューの中にある『キーボードと言語』をタップ

f:id:ahiru8usagi:20160507193335p:plain

 

③『Fireキーボード(日本語)』をタップ

f:id:ahiru8usagi:20160507193344p:plain

 

④『表示』をタップ

f:id:ahiru8usagi:20160507193355p:plain

 

⑤『キーボードタイプ』をタップ

f:id:ahiru8usagi:20160507193404p:plain

 

縦画面のときと横画面のときのキーボードタイプをそれぞれ変更できるようになっています。まずは縦画面のキーボードを全てテンキーボードにしてみます。

⑥『まとめて設定』をタップ

f:id:ahiru8usagi:20160507193413p:plain

 

⑦『テンキーボード』をタップし『OK』

f:id:ahiru8usagi:20160507193433p:plain

 

⑧これで『テンキーボード』になりました。

f:id:ahiru8usagi:20160507193421p:plain

 

⑨横画面の場合も変更したい場合は下の『横画面時のキーボードタイプ設定』をタップします。

f:id:ahiru8usagi:20160507193445p:plain

 

⑩『入力モード別設定』をタップすると、例えば「日本語はテンキーボード」「英語はフルキーボード」といった個別の設定ができます。

f:id:ahiru8usagi:20160507193454p:plain

私は一律テンキーボードにしました。

 

テンキーボードのフリック入力を有効/無効にする手順

※デフォルトでは『フリック入力』はONになっているためこの操作は不要ですが念のため案内

『設定』→『キーボードと言語』→『Fireキーボード(日本語)』と進んだところで『キー操作』をタップしてみます。

f:id:ahiru8usagi:20160507195037p:plain

 

こちらで『フリック入力』のON/OFF切替可能です。『キー操作音』なども変更可。

f:id:ahiru8usagi:20160507195051p:plain

おわりに

フリック入力の方が慣れている場合は変更してしまいましょう。また、テンキーボード設定であっても、外付け物理キーボードを取り付けた場合は普通に入力できるので問題なし。

© 2014 And Reframing Things