And Reframing Things

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

And Reframing Things

物事を自分の角度から見るブログ

第5世代FireにカスタムROM(CM12.1)をインストールする方法!【要root化】

タブレット タブレット-Kindle Fire(2015)
スポンサーリンク

第5世代Fire(2015)にカスタムROMのCyanogen Mod 12.1を入れてみました。

Amazonのロゴが描かれたFire 5th。

f:id:ahiru8usagi:20160522132509j:plain

これをひっくり返すと、

f:id:ahiru8usagi:20160522132523j:plain

Cyanogen Modです。

これで普通のAndroidタブレットとして使えるようになったので、Fire OSのときと比べるとだいぶ使いやすくなりました。今回は私が試してうまくいったカスタムROMをインストールする方法を一例として紹介します。

※root化やROM焼きには多くのリスクが伴います。当該情報に基づく行動により損害または不利益などを被ったとしても、当ブログの関係者は一切責任を負いませんので予めご了承ください。

目次

0.前準備
0-1.Fire 5thのroot化
0-2.カスタムROMとGapps(とSuperSU)のファイルをダウンロード
0-3.FlashFireをインストール
1.カスタムROM(CM12.1)のインストール手順
1-1.Wipe(消去)する
1-2.カスタムROM、(SuperSU)、Gappsをインストール
1-3.CM12.1の起動

 

0.前準備

0-1.Fire 5thのroot化

カスタムROMを焼くためにはFire 5thをroot化する必要があります。root化の方法については過去記事ご参照のこと。

0-2.カスタムROMとGapps(とSuperSU)のファイルをダウンロード

最初に必要ファイルをダウンロードします。今回用意したのはXDA公式フォーラムで紹介されていた『CM12.1』と『Gapps』です。

http://forum.xda-developers.com/amazon-fire/orig-development/rom-cm-12-1-2015-11-15-t3249416

ファイルはFire 5thの内部ストレージかSDカードなどわかる場所に保存しましょう。上記リンク中腹の『Downloads』の項目にリンクがあるのでそれぞれダウンロードしていきます。

f:id:ahiru8usagi:20160522134620j:plain

CM12.1

CM12.1のリンク先はこんな感じでした。普通に『DOWNLOAD』をクリックすればダウンロードが始まります。

f:id:ahiru8usagi:20160522134723j:plain

Open Gapps

Gappsのダウンロード画面はコチラ。Platformは『ARM』、Androidは『5.1』を選びます。Variantは上の方が容量が大きく、下の方にいくにつれ容量が小さくなっていきます。推奨は『mini』か『pico』とのことなので今回は『mini』を選択しました。

f:id:ahiru8usagi:20160522134744j:plain

Super SU

リンク先のCM12.1には『SuperSU』が入っていなかったので必要であれば別途ダウンロードします。

https://download.chainfire.eu/743/SuperSU/

こちらのインストールは私は未実験。

0-3.FlashFireをインストール

次にCM12.1などをインストールするためのツール『FlashFire』アプリをインストールします。

『設定』→(『シリアル番号を7回タップ』)→『開発者オプション』→『ADBを有効にする』をON(橙色)にしておきます。

f:id:ahiru8usagi:20160522133703p:plain

また、Fire 5thとPCはUSBケーブルでつなげておきます。

次にPCにてroot化時に使用した『SuperTool』を起動。

f:id:ahiru8usagi:20160522133725j:plain

SuperToolが起動したら、『5』と入力し『Enter』。

f:id:ahiru8usagi:20160522133919j:plain

FlashFireをインストールするので『1』と入力し『Enter』。

f:id:ahiru8usagi:20160522133957j:plain

「続行するには何かキーを押してください」と表示されたら『Enter』キーなどを押す。

f:id:ahiru8usagi:20160522134042j:plain

インストール成功と表示されます。

f:id:ahiru8usagi:20160522134127j:plain

Fire 5thに『Flash Fire』がインストールされているか確認しましょう。

f:id:ahiru8usagi:20160522134215p:plain

以上で『FlashFire』の導入完了です。

1.カスタムROM(CM12.1)のインストール手順

1-1.Wipe(消去)する

まずは『FlashFire』を起動、スーパーユーザーリクエストを『許可』します。さらに『AGREE』→『NO THANKS』と順にタップ。

f:id:ahiru8usagi:20160522135623p:plainf:id:ahiru8usagi:20160522135710p:plainf:id:ahiru8usagi:20160522135743p:plain

 

FlashFireが開いたら、まず右下の『赤丸+』をタップし、『Wipe』をタップします。

f:id:ahiru8usagi:20160522135857p:plain

以下の4つにチェックを入れ、右上のチェックボタンをタップします。

・System data
・3rd party apps
・Dalvik cache
・Cashe partition

f:id:ahiru8usagi:20160522135953p:plain

Actionsのリストの中に『Wipe』が追加されたことを確認します。

f:id:ahiru8usagi:20160522140116p:plain

1-2.カスタムROM、(SuperSU)、Gappsをインストール

再度右下の『赤丸+』をタップし、『Flash ZIP or OTA』を選択します。

f:id:ahiru8usagi:20160522140151p:plain

ディレクトリが表示されます。まずは『CM12.1』を保存した場所を開き、タップします。

f:id:ahiru8usagi:20160522140653p:plainf:id:ahiru8usagi:20160522140816p:plain

 

『CM12.1』のOpitionsは全てのチェックを外し、右上のチェックをタップします。

f:id:ahiru8usagi:20160522140848p:plain

Actionsに『Flash ZIP or OTA』のCM12.1が追加されていることを確認します。再度『Flash ZIP or OTA』をタップします。

f:id:ahiru8usagi:20160522140926p:plain

※『SuperSU』もインストールする場合は、『Gapps』を追加する前に、ここで『SuperSU』を追加します。

次に『Gapps』を選択。

f:id:ahiru8usagi:20160522141028p:plain

『Gapps』の場合は『Mount /System/read/write』のみにチェックを入れて、画面右上のチェックをタップします。

f:id:ahiru8usagi:20160522141053p:plain

最後にWipeを長押し・スライドさせて『Flash ZIP or OTA』の上に持っていきます。最終的には、

・『Wipe』
・『Flash ZIP or OTA(CM12.1)』
(Flash ZIP or OTA(Super SU))
・『Flash ZIP or OTA(Gapps)』

の順番にして一番下の『Flash』をタップ。

f:id:ahiru8usagi:20160522141042p:plain

『OK』をタップします。

f:id:ahiru8usagi:20160522141529p:plain

カスタムROM、(SuperSU)、Gappdのインストールが始まります。

f:id:ahiru8usagi:20160522141706j:plain

正しい手順を踏んでいれば、5~10分でCyanogen Mod12.1が起動します。

1-3.CM12.1の起動

CM12.1が起動したらあとは普通のAndroidと同様『Wi-Fi設定』『googleアカウント設定』『支払い設定』などの設定をしていきます。

f:id:ahiru8usagi:20160522141817p:plainf:id:ahiru8usagi:20160522141828p:plainf:id:ahiru8usagi:20160522141840p:plainf:id:ahiru8usagi:20160522141906p:plain

設定をし終え『開始』をタップして、ランチャーを選択します。

f:id:ahiru8usagi:20160522141855p:plainf:id:ahiru8usagi:20160522142117p:plain

無事起動しました。

f:id:ahiru8usagi:20160522142131p:plain

Gapps(mini)に同梱されているアプリは以下のとおり。

f:id:ahiru8usagi:20160522142140p:plain

あとは通常のAndroidタブレット同様お好きなアプリをインストールしてお楽しみください。

おわりに

やはりFire OSとして使うよりもAndroid(カスタムROM)にした方が使いやすいですね。プライム会員であればこれが4,980円です。カスタムROM搭載でさらに高コスパに。

ひと区切りついたので、Fire 5thシリーズの記事は今回で最終回です。あとは普通に使うなり、さらなるカスタマイズをするなりしてお楽しみください。

© 2014 And Reframing Things