And Reframing Things

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

And Reframing Things

物事を自分の角度から見るブログ

Fire TV Stickの初期設定、機能制限モード設定と電源を切る方法!

スマホ スマホ-周辺機器
スポンサーリンク

Amazonプライムデー2016の一日限定で3,486円となっていた『Fire TV Stick(スタンダードリモコン付属)』。注文後翌日届き、セットアップもようやく済ませたので、初期設定の方法や機能制限モードの設定方法、電源を切る方法などをシェアしたいと思います。

目次

1.Fire TV Stickの梱包物

2.機器(ハードウェア)接続

3.初期設定/セットアップ

4.機能制限モードの設定

5.Fire TV Stickの電源を切る方法

 

1.Fire TV Stickの梱包物

AmazonのFire TVには、

・『Fire TV Stick(スタンダードリモコン付属)』
・『Fire TV Stick(音声認識リモコン付属)』
・『Fire TV』

の3種類がありますが、今回購入したのは一番安いStick型のスタンダードリモコンです。外箱はこんな感じ。

f:id:ahiru8usagi:20160715204727j:plain

 

箱を開けるとこんな感じ。

f:id:ahiru8usagi:20160715205050j:plain

・Fire TV Stick
・スタンダードリモコン
・microUSB-USBケーブル
・電源アダプタ
・HDMI延長ケーブル
・単4電池2本

が入っています。

大きさはじゃがりこくらい。

f:id:ahiru8usagi:20160715205109j:plain

 

リモコンはもうちょっと大きいかと思っていましたが、意外に小さめでした。

 

2.機器(ハードウェア)接続

それでは早速これら機器類を接続していきましょう。

 

まずはmicroUSB-USBケーブルのmicroUSBのほうを『Fire TV Stick』に接続します。

f:id:ahiru8usagi:20160715205122j:plain

 

次にUSBのほうを『電源アダプタ』に接続。

f:id:ahiru8usagi:20160715205128j:plain

 

お好みで『HDMI延長ケーブル』を接続。

TVなどに付ける際、隣の機器とぶつかってうまく差し込めないときなどに重宝します。

f:id:ahiru8usagi:20160715205135j:plain

 

『HDMI』をTVもしくはディスプレイの『HDMI入力』と書かれている部分に接続。

f:id:ahiru8usagi:20160715205147j:plain

 

最後に電源アダプタをコンセントに差し込みます。

f:id:ahiru8usagi:20160715205156j:plain

 

以上で機器類の接続完了。

リモコンのほうは電池を入れておきましょう。

f:id:ahiru8usagi:20160715205206j:plain

 

3.初期設定/セットアップ

以下、Fire TV Stickのリモコンで操作していきます。

機器類の接続が終わったらTV/ディスプレイの電源を入れます。

Fire TV Stickの画面が表示されます。

f:id:ahiru8usagi:20160715205215j:plain

 

言語を選択します。

f:id:ahiru8usagi:20160715205225j:plain

 

純正でないケーブルを使用したり、USBケーブルがしっかりハマっていない場合「サポートされていないUSBポート」と表示されることがあります。

そのまま続行しましたが、特に不具合は発生しませんでした。

f:id:ahiru8usagi:20160715205234j:plain

 

次にネットワーク設定。

自宅や付近のWi-Fi(のSSID)が多数表示されます。自宅のWi-Fi(のSSID)を選択します。(WPS接続でもOK)

f:id:ahiru8usagi:20160715205250j:plain

 

自宅のWi-Fiのパスワード(暗号化キー)を入力し、『接続』。

f:id:ahiru8usagi:20160715205306j:plain

 

正しく入力できていれば「接続が確立されました」と表示されます。

f:id:ahiru8usagi:20160715205314j:plain

 

自分のAmazonアカウントに登録している氏名が表示されます。

そのまま自分のアカウントを使う場合は『○○さんのアカウントを使用』を選択。

変更したい場合は『別のアカウントに変更』を選択し、アカウント設定をします。

f:id:ahiru8usagi:20160715205324j:plain

 

アカウント設定を完了すると、チュートリアルが始まります。

誰かはわかりませんが、男性が良い声で使い方の説明をしてくれます。

f:id:ahiru8usagi:20160715205333j:plain

 

チュートリアルが終わると「機能制限」のON/OFFを問われます。

「有効にする」を選択すると、動画の再生時にもPINコードの入力をする必要が出てきて煩わしいため、ここはひとまず『機能制限なし』を選択し、後述する機能制限の方法を推奨。

f:id:ahiru8usagi:20160715205342j:plain

 

以上で初期設定完了。

動画やゲーム、音楽などを楽しめます。

f:id:ahiru8usagi:20160715205352j:plain

 

4.機能制限モードの設定

機能制限なしの状態だと、誰でも有料コンテンツを購入できてしまうので、自分以外にもFire TVを使う人がいる場合は、使いやすい範囲で機能制限を施しておきましょう。

 

HOME画面メニューの一番下の『設定』を選択。

f:id:ahiru8usagi:20160715205403j:plain

 

左から2番目の『機能制限』を選択。

PINコードの入力が求められるので入力します。

初回のみ新たなPINコード入力と確認のための入力、2回入力します。設定したPINコードは忘れないようにしましょう。

f:id:ahiru8usagi:20160715214002j:plain

 

『機能制限』を『オン』に設定します。

f:id:ahiru8usagi:20160715205437j:plain

『商品購入をPINで保護』を『オン』のままにしておけば、商品購入時にPINコードの入力が求められるので、第3者が勝手に購入できなくなります。

 

また、『AmazonビデオをPINで保護』を『オフ』にすれば無料動画の再生時にPINコードを入力せずに済みます。こちらはオフにしておいたほうが便利です。

f:id:ahiru8usagi:20160715205506j:plain

 

以上で機能制限モードの設定完了です。

リビング等でFire TVを楽しみましょう。

 

5.Fire TV Stickの電源を切る方法

Fire TVを使用した後は電源を落としたいところですが、画面上の操作で電源を落とすことはできないとのことです。

どうしても電源を落としたい場合は、Amazonのヘルプにあるとおり、コンセントから電源ケーブルを抜きます。

Amazon Fire TVをオフにするには、端末の背面または壁のコンセントから電源ケーブルを抜きます。

source:Amazon - Fire TV端末の操作

 

消費電力を抑える目的であれば『スリープ状態』にすることは可能です。

リモコンのホームボタン(家のマーク)を長押しすると『スリープ』というボタンが表示されるのでこれを選択します。これを選択することで数十分待たずともFire TV Stickがすぐさまスリープ状態になり、消費電力が抑えられます。

f:id:ahiru8usagi:20160715205535j:plain

 

おわりに

以上、簡単ながらFire TV Stickの初期設定と制限モード、スリープにする方法でした。

機能制限モードにすることで家族でも安心してFire TVを楽しめると思います。

 

次回はFire TV Stickをスマホで操作する方法やミラーリングする方法をシェアしたいと思います。

Amazon - Fire TV Stick
Amazon - Fire TV

© 2014 And Reframing Things