And Reframing Things

物事を自分の角度から見るブログ

ニコチン0、タール0な吸引グッズ『C-Tec DUO』を吸った感想と使い方!

スポンサーリンク

ニコチン0、タール0のただ良い香りがするだけの『C-tec DUO』。前回の記事で記載したとおりAmazonにて割引セールを行っていたので筆者あひるうさぎも吸ってみました。感想と使い方をシェアします。

f:id:ahiru8usagi:20170427170237j:plain

目次

1.C-Tec DUOの外観と中身
2.C-Tec DUOの吸い方
3.C-Tec DUOの充電の仕方
4.カートリッジの交換時期
5.C-Tec DUOを吸ってみた感想
コスパ面

1.C-Tec DUOの外観と中身

C-Tec DUOスターターキットのパッケージはこんな感じ。

f:id:ahiru8usagi:20170427170248j:plainf:id:ahiru8usagi:20170427170254j:plain

 

中身は『C-Tec DUO 本体』と『専用充電器』、『説明書』が同封されています。

f:id:ahiru8usagi:20170427170301j:plain

C-Tec DUOの外観ってプルームテックそっくりです。

 

2.C-Tec DUOの吸い方

キャップを取ったらそのまま吸います。短い方が吸う方。

f:id:ahiru8usagi:20170427170307j:plain

 

吸引中は先端が青く光ります。

f:id:ahiru8usagi:20170427170317j:plain

水蒸気が出ていますが壁が白いので上記画像ではよくわかりませんね(笑)

 

3.C-Tec DUOの充電の仕方

時計回りに回すと上部が取れます。

f:id:ahiru8usagi:20170427170324j:plain

 

長い方を充電器に差し込んでUSBで充電できます。

f:id:ahiru8usagi:20170427170342j:plain

充電中も先端が青く光ります。

コード付け根のランプが緑色に光ったら充電完了(およそ1.5h~2hで完了)。オレンジのときは充電中です。ちょくちょく吸ってますが3日間充電なしでモってます。

1本分吸い終わるのに2回ほどの充電で事足りました。

 

4.カートリッジの交換時期

カートリッジのリキッドがなくなってもランプの色などで知らせてくれるわけではありません。吸っても水蒸気が出ないな、と思ったら交換しましょう。

 

5.C-Tec DUOを吸ってみた感想

「禁煙効果は絶対にない!」

最初に抱いた感想です(笑)。タールはおろかニコチンすら含まれていないので、あのニコチンを吸引したとき独特のアッパー系の高揚感は得られません。ただC-Tec DUOは香りを楽しめる吸引グッズなので、私がC-Tec DUOと共に過ごした場所は全てエナジードリンクのアッパーな香りに包まれております(笑)。

ビタミンC配合とのことですが美肌効果の程はまだわからず。大学の教授とかに聞いてみようかな。

私自身特に愛煙家というわけではありませんが、C-Tec DUOを持ち歩くことで飲み会などで喫煙者に囲まれる状況に陥ったとしてもこれからはサッとC-Tec DUOを取り出し「プルームテック(嘘)、吸ってますからッ!」と息巻くことができます。排煙の焼香にC-Tec DUOの芳香で対抗していこうではありませんか。

コスパ面

Amazonではスターターキットが2,480円、交換用フレーバーカートリッジが2,160円(2017/5/1時点価格)。「ちょっと高いかな…?」と思ったら交換用フレーバーカートリッジは5個入りでした。

私の場合だと4月25日から吸い始め4月30日に1本分なくなったので、交換用フレーバーカートリッジ5個入りを購入すると30日分持つ計算になります。すなわち、

・初期費用:2,480円
・維持費:2,160円/約1ヶ月

イニシャルコスト・ランニングコストはIQOSやプルームテックの5分の1以下。コスパ面は大満足の結果となりました。Amazonの定期おトク便だと15%OFF(1,836円)で購入できるのでさらに維持費を下げることができます。

関連記事:Amazon定期おトク便のおすすめ商品!配送日変更方法!キャンセル方法!

おわりに

C-Tec DUOを吸い続けていると唾液を不完全に飲み込んだときのなんか喉につっかえた感じがでてくるので、気管に水蒸気はあまりよろしくないのかなといった印象はあります(笑)。部屋の匂いはいい感じになるのでアロマ代わりとしていい感じ。フレッシュベリーも今度試してみよ~っと。

公式サイト:吸うミストサプリ《C-tec Duo》

© 2014 And Reframing Things