And Reframing Things

物事を自分の角度から見るブログ

Apple Watch Series 3はdocomo/au/Softbankどこが一番お得!?ほか、格安sim(mvno)使用不可などの注意点や特徴 まとめ

スポンサーリンク

2017年9月22日、ついにCellular対応を果たした『Apple Watch Series 3』が発売されます。

au、docomoでは発売と同時提供開始を発表。月額使用料金はdocomoが500円(税抜)、auが350円(税抜)、Softbankが350円(税抜)となっています。

2017年9月14日19日時点の各社報道内容をまとめると以下のとおり。

f:id:ahiru8usagi:20170920031657p:plain

Sources:
http://news.kddi.com/kddi/corporate/newsrelease/2017/09/13/2671.html
http://news.kddi.com/kddi/corporate/newsrelease/2017/09/13/2672.html
https://www.nttdocomo.co.jp/info/news_release/2017/09/13_01.html
https://www.nttdocomo.co.jp/info/news_release/2017/09/13_00.html
https://www.softbank.jp/corp/group/sbm/news/press/2017/20170913_02/
https://www.softbank.jp/corp/group/sbm/news/press/2017/20170915_01/ 

Apple Watch Series 3はCellular対応ということで電話に出たりといったことが可能になりましたが、やはり利用にはiPhoneが必要だったり、格安simは利用不可だったりという注意点があるので、どのキャリアがお得かも含めて情報をまとめておきたいと思います。(最終更新日:2017年9月20日)

目次

1.Apple Watch Series 3でできること
2.Cellularモデルの注意点
2-1.eSIM内蔵(格安sim利用不可)
2-2.iPhoneが必要
2-3.iPhoneは同一のプロバイダであることが必要
2-4.docomoのみW-CDMA(3G回線)対応
3.docomo/au/Softbankの料金比較・キャンペーン
3-1.同一の電話番号を使用可
3-2.Apple Watch Series 3オプションの月額使用料
3-3.キャンペーン
3-4.受付開始日
3-5.3キャリアでお得なところは?

1.Apple Watch Series 3でできること

f:id:ahiru8usagi:20170914114046p:plain

・Apple Watchのみで通話/メッセージ送受信可
・音楽を聴ける
・リマインダー(備忘通知)をSiriに依頼できる
・iPhoneに入れたアプリの通知を受け取れる
・携帯電話通信対応、iPhoneなしでネットワーク接続可
・GPSも搭載
・50mの耐水性能があり、プールなど浅水での利用可
・アプリで歩数計や心拍数、自転車の走行距離を測定可
・アプリで健康データの記録や健康管理をできる
etc...

主に運動・健康管理に効果を発揮しそうです。

参考資料:https://www.apple.com/jp/apple-watch-series-3/

 

2.Cellularモデルの注意点

2-1.eSIM内蔵(格安sim利用不可)

Apple Watch Series 3で初めてCellular(携帯電話通信)に対応しましたが、『eSIM』と呼ばれるsimカードを内蔵しているモデルとなるため「格安simに入れ替えたり…」といったことはできなくなっています。

つまり、Apple Watch Series 3をCellularモデルとして使いたいならdocomo/au/Softbankのいずれかで契約する必要あり。

2-2.iPhoneが必要

Cellular対応ではあるもののiPhoneは必要です。※親回線と同じ番号を使用するため。現状Apple Watch単体での回線提供の情報なし

f:id:ahiru8usagi:20170914120616p:plain

Source:https://www.apple.com/jp/apple-watch-series-3/

必要環境はiPhone 6以降の機種iOS11以上

2-3.iPhoneは同一のプロバイダであることが必要

さらにiPhoneとApple Watchは同一のサービスプロバイダであることが必要と記載されています。

f:id:ahiru8usagi:20170914120908p:plain

Source:https://www.apple.com/jp/apple-watch-series-3/

すなわち、Apple Watch Series 3を使いたいならApple WatchだけでなくiPhoneもキャリア(docomo/au/Softbank)で契約したものでないといけないという訳ですね。

現在格安sim(mvno)でiPhoneを運用している場合、スマホの維持費も上がってしまいます。

2-4.docomoのみW-CDMA(3G回線)対応

Apple Watch Series 3でUMTS(欧州でいうところのW-CDMA[3G回線]相当)が使えるのはdocomo回線のみです。

f:id:ahiru8usagi:20170914121334p:plain

Source:https://www.apple.com/jp/watch/cellular/

LTE[4G回線]の周波数は、au・Softbankともにプラチナバンドに対応しているため広範囲をカバー出来そうではあるもののdocomoよりもエリアは狭まります。

 

3.docomo/au/Softbankの料金比較・キャンペーン

3-1.同一の電話番号を使用可

iPhoneとApple Watch Series 3では同じ電話番号を使用することができます。各キャリアのサービス名は、

・docomo:ワンナンバーサービス
・au:ナンバーシェア
・Softbank:Apple Watch モバイル通信サービス

3-2.Apple Watch Series 3オプションの月額使用料

オプションサービスの月額使用料は次のとおり。

・docomo:税抜500円
・au:税抜350円
・Softbank:税抜350円

docomoのみ3G回線対応であることを考えると少し納得がいく料金設定です。

Source:
https://www.au.com/apple-watch/service/number-share/
https://www.nttdocomo.co.jp/info/news_release/2017/09/13_00.html
 https://www.softbank.jp/corp/group/sbm/news/press/2017/20170915_01/

3-3.キャンペーン

各キャリアのキャンペーンは次のとおり。

・docomo:2018年3月31日(土)までに『ワンナンバーサービス』申込みで、月額使用料500円が180日間無料
・au:2018年12月31日までに『ナンバーシェア』新規加入で、基本使用料が最大6か月間無料
・Softbank:2018年3月31日までに契約で月額使用料が6か月間無料

無料期間は同じ。auのみ受付期間長めです。

3-4.apple watch本体価格

apple watchの販売時点の取扱機種数と本体価格です。

・docomo:22機種 / 49,464円~52,704円
・au:30機種 / 49,464円~91,584円
・Softbank:30機種 / 49,464円~91,584円

設定価格は同じですが、docomoのみステンレススチールケース(商品一覧 | AppleStore)の取り扱いがありません。分割料金や商品ごとの金額はSourceをご参照のこと。

Source:

https://cas.nttdocomo.co.jp/flcache_data/apple-watch/binary/price/price.pdf
https://www.au.com/content/dam/au-com/extlib/apple-watch/price/pdf/aw_price_1709_au.pdf
https://cdn.softbank.jp/mobile/set/data/apple-watch/lib/pdf/apple-watch_3_price-list.pdf

3-5.受付開始日

Apple Watch Series 3の発売日は2017/9/22ですが、受付開始日は、

・docomo:2017/9/15 16:01~
・au:2017/9/15 16:01~
・Sottbank:2017/9/15 16:01~

となっています。

3-6.3キャリアでお得なところは?

Apple Watch Series 3単体の維持費のみだとau/Softbankが安いですが、通信環境はdocomoが良い可能性があります。

格安sim(mvno)が使えない以上、iPhoneを含めた月額使用料はiPhoneで契約している料金プランにも依存してきます。

 

おわりに

Apple Watch Series 3のネックなところは格安sim(mvno)が使えないところとiPhoneが必要な点です。現Androidスマホユーザー、現mvnoユーザーは維持費が圧倒的に高くなるでしょう。

結局のところApple Watchの利用にiPhoneが必要であるならばCellular対応した意味はあるか、などを考えると今一歩決め手に欠けるプロダクトな気がします。

eSIMをmvnoにも開放して維持費を下げつつウェアラブルデバイス単体で使えるようにするかちょっと怖いですが体内に埋め込むデバイスが出てきたらかなり面白いのではと思いました。

補助的な役割に過ぎないデバイスだと出かけるときに「iPhoneは必須だよね〜、Apple Watchは付けなくてもいいよね〜。じゃあもうApple Watchいらなくね?」ってなると思うんですよね。

© 2014 And Reframing Things