And Reframing Things

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

And Reframing Things

物事を自分の角度から見るブログ

Amazonプライム会員のメリット!特典利用で年会費も無料にできる!?

スポンサーリンク

※初回投稿日:2016/10/15

Amazonプライム会員の年会費は税込3,900円。

気になるところはただひとつ。自分にとってプライム会員にはなった方が損か得か?

プライム会員の特典をどれくらい使えば年会費3,900円の元が取れるでしょうか。

プライム会員となって元を取るには?

プライム会員の特典詳細についてはAmazonプライムについてで確認できるとして、実際にどれくらい特典を利用すれば年会費3,900円(税込)の元が取れるのか。以下のとおり試算してみました。

※()内はプライム会員でない場合にかかる金額や割引の変化
※表示価格は全て税込
※特典名クリックでAmazonのヘルプページ(特典詳細)を参照できます。

到着が早くなる・時間指定系特典

お急ぎ便(360円/回):11回以上/年
当日お急ぎ便(514円/回):8回以上/年
お届け日時指定便(360円/回):11回以上/年
お届け日時指定便-当日配送(514円/回):8回以上/年

安くなる系特典

注文金額2,000円未満(350円/回):12回以上/年
定期おトク便3点以上(割引率10%→15%):78,000円以上/年
定期おトク便3点以上おむつ/おしりふき(割引率5%→15%):39,000円以上/年
Fireタブレット購入(通常価格→4,000円OFF):1機種以上
Kindle電子書籍リーダー購入(通常価格→4,000円OFF):1機種以上
Kindle月1冊無料(対象書籍代→月一で0円)→数冊以上/年

エンタメ系特典

プライムビデオ-映画(400~540円/本):10本以上/年
プライムビデオ-アニメ(216円/話):19話以上/年
プライムビデオ-日本ドラマ(324円/話):13話以上/年
プライムビデオ-海外ドラマ(100~450円/話):40話以上/年
プライムミュージック(100~270円/曲):40曲以上/年

優待・特典系特典

タイムセール(30分前に参加可能に)
プライム家族会員(家族2名までプライム特典の一部利用可能に)
Amazonパントリー(使用可能に)
プライム・フォト(写真容量無制限)
プライムデー参加権(割引率UP)

 

特典を単体でみるとそれぞれ上記の回数くらい使えば元が取れます。

もちろんそれぞれを組み合わせて使って3,900円分以上の特典を利用すればペイできるわけですから月一~週一でAmazonを使っているならほとんど場合元は取れるでしょう。

 

私の場合

ざっくりとですが私の場合は2016年4月~9月の6ヶ月間でこれくらいの特典を利用しています。

①お急ぎ便28回使用:▲10,080円(年換算▲20,160円)
⑧Fireタブレット購入:▲4,000円
⑥定期おトク便61,943円利用:▲3,097円(年換算▲6,194円)
⑪プライムビデオ4本視聴:▲1,449円(年換算▲2,898円)
⑱Amazonパントリー4回利用
⑳プライムデー参加

注文履歴と覚えている限りで合計▲18,626円(年換算▲33,252円)分が無料に。2,000円未満の注文や映画・アニメ視聴を含めればもっと割引額が増えると思います。

お急ぎ便やFireタブレットは一般会員であれば使わなかったとしても定期おトク便だけで年会費の元が取れているので、私はプライム会員となって得をした人です。逆に一般会員のままだったらと思うとおそろしいです。

 

あなたはプライム会員となった方が損でしょうか、得でしょうか。

というか一般会員のままでいた方が得でしょうか、損でしょうか。

 

私がそれぞれの特典を使ってみた感想は以下のような感じです。 

①~④:プライム会員ならより便利に使えるようになる特典

『①お急ぎ便』『②当日お急ぎ便』『③お届け日時指定便』『④お届け日時指定便-当日配送』

これらの特典を使うことで、早く届いたり、時間帯指定で受け取りやすくしたりできます。

価格メリットを出すというよりもAmazon商品の受け取りをより便利に使える特典と言えるでしょう。

ただ、プライム会員になるとやたら①お急ぎ便を使うようになるので、Amazonでしか注文したくなくなります。遅いより早い方がいいですよね。

 

⑤~⑩:価格メリットの出せる安くなる特典

私的にもっとも年会費の元が取れると思う安くなる系の特典です。よって、このグループは詳しく解説。

f:id:ahiru8usagi:20161017043300j:plain

⑤注文金額2,000円未満(350円/回):12回以上/年

2016年4月16日から一般会員は「注文金額の合計が2,000円未満」の場合送料が350円かかるようになりました。

Amazonをあまり使わない場合にこそ威力を発揮します。2,000円未満の注文を月一Amazonで利用するならプライム会員になった方がお得

 

一応一般会員でも送料無料にする方法はあるので、手間との兼ね合いで判断しましょう。

Amazon送料有料化!?送料を無料にする4つの方法!

 

⑥定期おトク便3点以上(割引率10%→15%):78,000円以上/年(⑦39,000円以上)

f:id:ahiru8usagi:20161017041009j:plain

Amazonで食品・日用品・消耗品を頼んでいるなら定期おトク便でさらにお得に。通常3点以上の注文で10%割引のところが15%割引となります(飲料・おむつ・ベビーフードは5%)。Amazonファミリーであればさらにおむつとおしりふきも15%割引の対象となります。

1回だけ頼んでキャンセルするという裏技も使えるので注文管理をしっかり行えば生活費が浮きます。

Amazon定期おトク便のおすすめ商品!配送日変更方法!キャンセル方法!

 

⑧・⑨Fireタブレット/Kindle電子書籍リーダー4,000円OFFクーポン

プライム会員は以下4機種で4,000円OFFクーポンが使えます。なおそれぞれ1回ずつ限り。

・Fireタブレット:クーポンコード『FIREPRIME』
・Fire HD 8タブレット:クーポンコード『FIREHD8PRIME』
・Kindle:クーポンコード『PRIMEKINDLE』
・Kindle Paperwhite:クーポンコード『PRIMEPRICE』

いずれか1機種を購入するだけで年会費3,900円の元が取れる計算となります。これらを手に入れるためについでにプライム会員となってもいいかも。

FireタブレットやFire HD 8タブレットは安価で普通に使えるスペックであるため、リビング用やプレゼント用として最適です。ただ、通常の使い方ではGoogle Playを入れられず若干不便。

第5世代Kindle Fire(2015)の簡易レビューと最初にした設定 まとめ

電子書籍リーダーといえばやはりKindle。電池持ちや軽さ、読みやすさを追求した機種なので、本から電子書籍リーダーに移行するならまずはKindle。

 

ただし、無料体験期間中/Amazon Student会員/プライム家族会員の場合はクーポンは使えないのでご注意。

Amazon - Fireタブレットがクーポンで4,000円OFF 詳細
Amazon - Kindleがクーポンで4,000円OFF 詳細

 

⑩Kindle月1冊無料(対象書籍代→月一で0円)→数冊以上/年

Kindleオーナーズライブラリーで対象書籍を月一回0円でレンタルできます。

いままで読もうと思ってたけど立ち読みで終わってしまったとか買ってまで読みたくないと思っていた本もラインナップされていたりするのでゆっくり読めてスッキリします。2~5冊で年会費の元は取れるでしょう。

ただ有名な本や新刊本は対象外の場合が多いのであんまり使わなくなりました。

 

⑪~⑮:プライムビデオ・プライムミュージックを楽しんで0円

『⑪プライムビデオ-映画』『⑫プライムビデオ-アニメ』『⑬プライムビデオ-日本ドラマ』『⑭プライムビデオ-海外ドラマ』『⑮プライムミュージック』

プライムビデオやプライムミュージックの作品が一部無料となります。

新作(新曲)や準新作、名作、流行作品はプライム会員であっても有料である場合が多め。「見たい!聞きたい!」と思った作品ほど有料となっていてヤキモキするので私はあんまり使ってません。(でもスラムダンクだけは見てしまいました。)

映画・アニメ・ドラマ・音楽好きなら魅力的なサービスです。HuluやdTV、LINE MUSIC、Apple Musicなどの代替として考えるのもよいでしょう。

 

⑯~⑳:その他優待でAmazonが便利に

『⑯タイムセール30分前参加』『⑰プライム家族会員』『⑱Amazonパントリー』『⑲プライム・フォト』『⑳プライムデー参加権』

Amazonパントリーは数回利用しています。オーラルケア品や衛生用品の注文に重宝。

【歯】歯磨きの目的、効果のある正しいブラッシング方法と必需品 まとめ

 

プライムデー2016にも参戦しました。戦利品微妙でしたが楽しかったです。

【終了】Amazonプライムデー2016の私的戦利品 まとめ

 

Googleフォトがあるのでプライム・フォトのお得感は弱め。画質そのままで保存したいならプライム・フォト利用のメリットあり。

 

まとめ

以上、プライム会員のメリットと実際に使ってみた感想でした。私は元が取れまくりなのでプライム会員となって満足です。

ちなみにプライム会員には無料体験期間が30日間あり、30日目ちょうどで解約するように設定することも可能です。

Amazonプライム会員無料体験の解約・退会方法!契約できる回数! 

条件は不明瞭ですが、複数回無料体験することも可能なので、無料期間のみを使い倒すという使い方も面白いですね。

また、Amazon Student で契約可能であれば一部特典に制限があるものの年会費1,900円(税込)なのでさらに楽にペイできます。こちらは無料期間6ヶ月。

いずれにしても無料体験中にプライム会員の年会費を回収できるかを判断すれば経済的に合理的だと思います。ご参考までに。

© 2014 And Reframing Things