And Reframing Things

物事を自分の角度から見るブログ

【縛り緩和】携帯の契約解約月が1ヶ月→2ヶ月に!?

スポンサーリンク

※この記事は2015年4月21日時点の内容です。縛り緩和について詳細は次記事をご照覧ください。

20日に総務省で催された『ICTサービス安心・安全研究会』。これにて携帯キャリアにやや強めの指導が入ったようで、携帯電話の解約月が1ヶ月から2ヶ月に伸びることが決まったようです。その他、変更されることとなったルールは下記のとおり。

f:id:ahiru8usagi:20150421234300j:image
①解約月:1ヶ月間(25ヶ月目のみ)→2ヶ月間(25〜26ヶ月目)導入時期:10月〜12月予定
②解約月の通知を開始 導入時期:6月末まで
③電波状況確認のためのスマホ貸出 docomoでも導入予定
※docomoでは2016年6月1日から実施となりました。(解説は次記事にて)
これによってうっかり解約月を逃してしまう、なんてことは少なくなりそうです。

契約更新月(解約月)とは?

スマホの料金プランは、2年間契約します!という約束をすることで月額の料金が安くなります。これが俗に言う『2年縛り』というやつですが、2年経たずにスマホを解約してしまった場合、約束を守らなかった故の料金(=違約金)が発生してしまいます。一般的には、9,500円(税抜)の料金がかかってきます。
じゃあ、2年を過ぎると違約金は発生しないのか?そうではありません。2年を過ぎたあと、自動で次回の2年縛りの契約が更新されてしまうため、再び9,500円の違約金がかかってしまいます。 
では、いつ解約すれば違約金はかからないのか?
通常は契約した月の翌月から起算して25ヶ月目であれば、解約しても料金が発生しません。例えば2015年4月にスマホを契約したなら、2年後の2017年5月1日〜31日であれば違約金はかかりません。
これが契約更新月(解約月)です! 
テキトーにあわててスマホを解約するとほとんどの場合、違約金を取られますので注意。
f:id:ahiru8usagi:20150421233524j:image
この契約更新月が2ヶ月間になるというルール変更があるので、先の例でいくと、2017年5月1日〜6月30日の解約なら違約金は発生しない、となります。
※契約更新月が2ヶ月間に伸びるルールは10月~12月導入予定。このルール導入前にdocomoを契約した人に対しても、更新月2ヶ月間のルールが適用されるかどうかは未発表です。 
あとは、メールやらSMSやらでこの契約更新月を知らせてくれるようにもなるので、まともに契約している人の、解約やMNPしそこねるという事象は少なくなってくるかと思われます。 
というか2年縛りとかなくして普通に料金安くしてくれればいいのに、と思うのが一般ユーザーの心境のような気がしないでもない。
 
関連記事:

© 2014 And Reframing Things