And Reframing Things

物事を自分の角度から見るブログ

499MBまでなら無料の0 SIM by So-netついに発売!料金解説!

スポンサーリンク

毎月499MBまで無料で使えると話題の『0 SIM by So-net』を手に入れました。当初このSIMカードは、雑誌 『デジモノステーション 2016年 2月号 [雑誌]』付録限定でしたが、2016年1月26日からはSo-net公式サイトで正式に販売されました。(プレスリリースより)(最終更新:2016年4月7日)

f:id:ahiru8usagi:20151228195913j:plain

目次

1.公式サイト版0 SIM by So-netの料金体系

2.追加された『SMS付プラン』と『音声通話付プラン』

3.付録版0 SIM by So-netとどっちがお得!?

1.公式サイト版0 SIM by So-netの料金体系

デジモノステーション2016年2月号付録のものと料金体系は同じでした。499MBまでは無料。その後100MBごとに+100円が加算され、2GB以上は1,600円となります。速度制限は5GB以上。

f:id:ahiru8usagi:20160126211110j:plain

2.追加された『SMS付プラン』と『音声通話付プラン』

デジモノ付録ではデータ専用のみでしたが、正式にリリースされた『0 SIM by So-net』には『データ+SMS』と『データ+音声』プランが追加されています。

f:id:ahiru8usagi:20160126211208j:plain

・『データ+SMS』は基本料金150円。2GB以上で1,750円(150円+1,600円)となります。
・『データ+音声』は基本料金700円。2GB以上で2,300円(700円+1,600円)となります。

それぞれデータプランに基本料金が上乗せされる形になりますね。

3.付録版0 SIM by So-netとどっちがお得!?

付録版0 SIM by So-netは開通日が2016年2月24日までとなっています。すでに開通期限を過ぎているので、付録購入のメリットはなくなりました。

0 SIM by So-netの契約は公式サイトにて。
http://lte.so-net.ne.jp/sim/0sim/

初期設定の方法と速度測定結果は次の記事で解説します。

--(以下、2015年12月28日投稿分)-- 

目次

1.料金体系

2.速度について

3.通信容量の上限を設定する方法【Nexus 5(Android 6.0.1)の例】

4.デジモノステーション 2016年 2月号 の入手方法

(1/6追記)5.『0 SIM by So-net』開通&速度測定しました。

1.料金体系

どこかに落とし穴があるかと思わせといて、499MBまでなら本当に無料です。

f:id:ahiru8usagi:20151228200444j:plain

f:id:ahiru8usagi:20151228202125j:plain

sources:

http://lte.so-net.ne.jp/sim/0sim/faq/
http://lte.so-net.ne.jp/sim/0sim/legal/pdf/kiyaku_ryokin.pdf

○ユニバーサルサービス料

厳密には『ユニバーサルサービス料』の2円だけは最低でもかかります。

f:id:ahiru8usagi:20151228201611j:plain

source:http://lte.so-net.ne.jp/sim/0sim/legal/pdf/kiyaku_ryokin.pdf

 

○初期費用/sim切替手数料

デジモノステーションの雑誌の付録の場合は、初期費用無料でした。通常契約の場合3,240円(税込)かかります。

f:id:ahiru8usagi:20151228201735j:plain

source:http://lte.so-net.ne.jp/sim/0sim/legal/pdf/kiyaku_ryokin.pdf

付録はnanoSIMですが、microSIMに変更する場合は「切替手数料が発生する」との記載あり。

f:id:ahiru8usagi:20151228211807j:plain

nanoSIMからmicroSIMに変更したい場合は、3,240円で切替してもらうか、SIMアダプタを使いましょう。SIMアダプタは安いやつで50円()とかあります。 

その安さのカラクリは送料。やはり600~800円くらいのやつを買った方がまともで良いとは思います。

○解約金

あと、データのみプランの場合、解約金はかかりません。(音声通話対応プランの場合のみ発生)

f:id:ahiru8usagi:20151228212355j:plain

source:http://lte.so-net.ne.jp/sim/0sim/legal/pdf/kiyaku_ryokin.pdf

 

2.速度について

通信速度は下り最大225Mbps。

f:id:ahiru8usagi:20151228203712j:plain

 

5GB超過後は速度制限がかかります。

f:id:ahiru8usagi:20151228203722j:plain

source:http://lte.so-net.ne.jp/sim/0sim/legal/pdf/kiyaku_ryokin.pdf

 

3.通信容量の上限を設定する方法【Nexus 5(Android 6.0.1)の例】

今回の『0 SIM by So-net』は499MBを超過すると料金が発生します。Androidにはデータ容量の上限を設定できるので、無料で使用したい場合は設定しておきましょう。

3-1.『設定』画面から『データ使用量』をタップ。

f:id:ahiru8usagi:20151228204459p:plain

3-2. 『モバイルデータの上限を設定する』をタップ

f:id:ahiru8usagi:20151228204548p:plain

3-3.『OK』をタップ。

f:id:ahiru8usagi:20151228204625p:plain

3-4.上限値を設定する。

f:id:ahiru8usagi:20151228204653p:plain

『0 SIM by So-net』は499MBまでが無料ですが、ギリギリに設定すると超えてしまう恐れがあるので、余裕を持って450MB以下に設定することをオススメします。

 

4.デジモノステーション 2016年 2月号 の入手方法

付録の0 SIM by So-netが人気なせいで『デジモノステーション 2016年 2月号』は売り切れ状態が続出してるとか。私は田舎住みだからなのか最寄のコンビニであっさり見つかり、品薄の実感わかず。

f:id:ahiru8usagi:20151228205411j:plain

Amazonではこの2016年1月時点で中古品1,300円くらい。(定価620円)

Amazon デジモノステーション 2016年02月号

やはり人気みたいです。

現在は公式サイトで契約可能⇒http://lte.so-net.ne.jp/sim/0sim/

 

今回の0 SIM by So-net以外にも無料で使える格安simやお得キャンペーンがあるので別記事ご参照のこと。

(2016年1月6日追記)5.『0 SIM by So-net』開通&速度測定しました。

『0 SIM by So-net』開通しました。速度測定の結果、12時台で15.64Mbpsをマークしています。詳細は↓↓↓

© 2014 And Reframing Things