And Reframing Things

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

And Reframing Things

物事を自分の角度から見るブログ

スマホの電話料金を劇的に節約する3つの方法とそのアプリまとめ(インターネット電話/050/プレフィックス型)

スマホ スマホ-アプリ
スポンサーリンク

現在MVNO(データ専用sim/音声通話付sim)を使用している人向けの記事。

070/080/090から始まる電話番号で発信すると通常20円/30秒の通話料金がかかりますが、これを無料もしくは安くする方法を3つに分類してまとめてみました。無料に(安く)なる仕組みとアプリを簡単に解説!

f:id:ahiru8usagi:20151219062337j:plain

目次

1.3つの方法、インターネット電話、IP電話(050)、プレフィックス型通話サービスの比較!

2.インターネット電話の仕組みとアプリ

2-1.インターネット電話を使えるアプリの例

2-2.インターネット電話(無料通話)のメリット・デメリット

3.IP電話(050)の仕組みとアプリ

3-1.IP電話を使えるアプリの例。

3-2.IP電話(050番号取得)のメリット・デメリット

4.プレフィックス型通話サービスの仕組みとアプリ

4-1.プレフィックス型電話サービスを使えるアプリの例

4-2.プレフィックス型電話サービスのメリット・デメリット

5.その他(未分類)

 

1.3つの方法、インターネット電話、IP電話(050)、プレフィックス型通話サービスの比較!

通話料金を無料にしたり安くしたりする3つの方法とは、

①インターネット電話(無料で電話できる)と、

②IP電話(050の番号を取得して発着信、有料だけど普通より安い)と、

③プレフィックス型通話サービス(070/080/090の発信料金を単純に安くする)

のことです。それぞれの特徴を表にすると下記のような感じ。

f:id:ahiru8usagi:20151220000329p:plain

それではなぜ無料になったり、安くなったりするのか。またそれぞれメリット・デメリットがあるので、一つ一つみていきましょう。

 

2.インターネット電話の仕組みとアプリ

インターネット電話とはインターネットを介して電話する通話方法です。そのまんまですね。インターネット電話はインターネットを使うだけなので、通話しても電話料金はかかりません。

f:id:ahiru8usagi:20151219064627j:plain

2-1.インターネット電話を使えるアプリの例

インターネット電話が使える代表的なアプリとしてはLINEの無料通話。他にも下記表のようなアプリをインストールすると、無料通話ができます。

f:id:ahiru8usagi:20151220001635p:plain

(実はAndroidスマホならハングアウト、iPhoneならFaceTimeが最初からインストールされているので、LINEがなくてもハングアウト or FaceTimeで無料通話ができるんですね。)

2-2.インターネット電話(無料通話)のメリット・デメリット

メリット

・通話料金が無料であること

デメリット

・同じアプリ同士でしか通話できない(LINEならLINE同士。SkypeならSkype同士)

・インターネットを使うので通信量はかかる(発信/着信した人両方)。よって、たくさん無料通話を使うと通信速度制限がかかる。

・音質が悪く、音声遅延のあるアプリがある(特にLINEの無料通話)。

といったところです。同じアプリ同士でないと発着信できない点がネック(もちろん固定電話や緊急通報(110や119)、フリーダイヤルなどへの発信不可)。

日本国内で最もユーザー数の多いLINEの無料通話は音質、遅延ともに落第点なのでインターネット電話(無料通話)は音質が悪いと思われがち。しかし、GoogleハングアウトやViber(楽天)など普通の3G通話に匹敵する音質を持つものもあるので、通話を無料で済ませたい場合はこれらを使ってみてはいかがでしょうか。(FaceTimeは音質良好なのですがiOSのみなところが残念・・・。)※速度制限には注意!!

LINE(ライン) - 無料通話・メールアプリ - Google Play の Android アプリ

ハングアウト - Google Play の Android アプリ

Viber:無料通話・無料メッセージ - Google Play の Android アプリ

 

3.IP電話(050)の仕組みとアプリ

IP電話とは、IP電話網を介して電話する通話方法です。いわゆる電話網とインターネットを組み合わせて通話をする通常の電話とインターネット電話の中間のような存在です。(とはいえインターネット電話とIP電話に明確な定義の違いはないようなので、この記事では固定電話・携帯電話に発信可能かつ050の番号を取得できるものをIP電話としています。)

f:id:ahiru8usagi:20151219071559j:plain

画像引用元:おしえてブロードバンド

よってIP電話では通話料金がかかりますが通常の電話よりも安く済みます。そして、050の番号を取得できるので、固定電話や携帯電話などの通常の電話番号に発信、また着信が可能です。

3-1.IP電話を使えるアプリの例。

050PlusやSmartalkが有名。これらのアプリを取得&契約でIP電話(050)が使えます。

f:id:ahiru8usagi:20151219222224p:plain

参考:おトクな通話料金・費用 | スマートフォンからおトクに話せるIP電話アプリ「050 plus」

参考:料金 | FUSION IP-Phone SMART

参考:G-Call050

参考:LaLa Callの魅力 : 2 月額基本料もおトク!

どれも似通った料金設定になっていますが、Smartalkの固定電話への発信はやや高めです。それでも通常の20円/30秒(1分あたり40円)の通話料金に比べれば半分以下の金額で通話できるものばかり。また、同じアプリ同士の通話は無料。

3-2.IP電話(050番号取得)のメリット・デメリット

メリット

・通話料金が通常の半分以下。

・050の番号を新たに取得できるので、着信もできる。

・固定電話や携帯電話(070/080/090など)に発信することができる。

デメリット

・緊急通報(110/119など)ができない。

・ほぼ全てのフリーダイヤルやナビダイヤルが050番号からの電話を受け付けていない。

・音質が悪い傾向にある。

といったところです。データ専用simカードを使っている人でも050番号を取得できるのは魅力的ではないでしょうか。また070/080/090の番号を持っている人でも、サブの番号として050を取得しておいて、メインの番号はプライベート用、050の番号は会員登録の際に使うなどの使い分けに適しています。

ただし、緊急通報ができないことから防災面で問題ありますし、音質が悪い傾向にある点がネック。IP電話(050)をメインの番号として使うにはやや使いずらい。

 

4.プレフィックス型通話サービスの仕組みとアプリ

相手に電話をかける際に、電話番号の頭に何桁かの番号を付加して発信することで、電話料金が安くなる通話方法をプレフィックス型通話サービスといいます。

料金が安くなる仕組みは、プレフィックス型通話サービスを提供する業者(楽天、G-Callなど)が電話会社と数十万回線という大口契約をする。大口契約をすることで1回線あたりの単価が下がる。顧客に対して安い通話料金を提供できる、という仕組みですね。

電話番号の頭にプレフィックス(4ケタくらいの)番号を付加することでそのサービスを提供する業者専用の電話網を介した通話ができ、サービス適用。安い通話料で発信できます。(下記、freetelの例)

f:id:ahiru8usagi:20151219234517j:plain

画像引用元:携帯革命第3弾!通話料いきなり半額

4-1.プレフィックス型電話サービスを使えるアプリの例

楽天でんわやG-Callが有名。これらのアプリを取得&契約でプレフィックスが使えます。

f:id:ahiru8usagi:20151219235322p:plain

参考:G-Call:携帯発国内電話キャンペーン通話料金

参考:楽天でんわ: 料金

参考:携帯革命第3弾!通話料いきなり半額

参考:みおふぉんダイアル | 音声通話機能付きSIM(みおふぉん) | IIJmio

参考:「BIGLOBEでんわ」:BIGLOBE会員サポート

見事に料金横並び。通常の通話料金のちょうど半分です。G-CallとBiglobeでんわは消費税分を請求しない(元々不課税)ため8%安くなります。また、みおふぉんダイアルとBiglobeでんわはそれぞれのsimカード契約者のみしかアプリを使用できません。

4-2.プレフィックス型電話サービスのメリット・デメリット

メリット

・通話料が半額になる。

・通常の電話網を使って通話するので、音質が安定している。

デメリット

・通常の電話番号(070/080/090など)が必要。(データ専用simでは使えない)

・本来無料通話であるときに誤ってプレフィックスを使って通話すると有料になる。(例:カケホーダイ契約中に楽天でんわを使って発信してしまった)

・プレフィックスをつけるかつけないか判断する必要がある。

といったところです。緊急通報(110/119)やフリーダイヤルにかけるときは、プレフィクスをつけず、普通に発信すれば通話できます。こういった付加する/しないの判断がわずらわしく感じられるかもしれません。

 

5.その他(未分類)

以上、電話料金を安くする方法を3つに分類してまとめてみたわけですが、調べれば調べるほど曖昧な境界を持つものが出てきたので、未分類のものも紹介。

Skypeクレジット(通常のSkypeとは別プラン)

ハングアウトダイヤル(通常のハングアウトと別アプリ)

LINE Out(LINE無料通話とは異なる/LINEとは別アプリ)

特にSkypeは固定電話・携帯電話にかけることができたり、オプションで050の番号を取得したり、プリペイド式/月額式が選べたり、とプランが様々。いずれも通常の20円/30秒の料金よりも安いので、上記3分類の方法でもイマイチだったという場合は、これらのアプリを選択するという手もあります。

 

以上、電話料金を安くする主な3つの方法でした。

3つの方法の比較表に戻る

関連記事:

© 2014 And Reframing Things